前へ
次へ

介護と医療は切り離せない

高齢者と切っても切り離せないのは、医療や介護の問題でしょう。
今、医療機関と連携(提携)した新しい事業などが注目されています。
例えば、リフレッシュ事業として、癒しの香り(アロマ)効果で、リフレッシュさせたり、プラネタリウムで癒やされたり、そうした介護疲れをサポートする内容も注目されています。
身体に障害のある本人も、なかなか行動ができないモヤモヤ、ストレスもあるはずです。
しかし、支える介助者も同じくらい心身の疲労感を口にします。
それは、高齢となる年代でもあり、ソフトに扱うこと、携わることをしなければ、身体に負担をかける懸念があるからです。
骨粗鬆症などにより、ちょっとぶつかるだけで骨折したり、脱臼することもあり、デリケートに寄り添うことが介助者には求められるようです。
そうした双方の気持ちを汲み、在宅で支援をしている家族を対象に、様々なリフレッシュの場、サービスを無料・有料にて提供しています。
また、医療関連では、病気の予防が必要となります。
特に感染症が蔓延するシーズンが到来する前から、医療機関では予防接種を受けることを推奨しています。
免疫が低下してしまう高齢者、免疫を得るまでには時間を要するために、流行する前から情報の提供、収集が必要です。
高齢者にとっては、訪問介護も担えるかかりつけ医を探すこともおすすめです。
そうすれば、感染症の情報収集から対策、治療や回復までを一貫して施してもらえます。
例えば、11月頃からはインフルエンザが流行します。
65歳以上ならば負担は1200円で済みます。
ちなみに、60歳以上65歳未満で、心臓や腎臓、免疫能力に障害を有していて、身体障害手帳1級であれば、同じく負担金も少ないようです。
本人はもちろん、介助者にとっては、疾病対策(健康づくり)を意識しましょう。
病院通いをすれば感染経路をたつことは難しいかもしれませんが、抵抗力をつけたり、ウイルスの隔離はできるはず、しっかり予防に努めましょう。

川崎駅 歯科

タガワデンタルクリニック

バリアフリーで来院しやすい歯医者さん

鍼灸院 名古屋
詳しい内容はこちら

札幌 介護 求人

Page Top